人民元切り下げの下落に今日も乗れなかった これでは介入も無理かも

By: IvanWalsh.com

1月7日、きのうと今日と、中国のことで散々な目にあいました。トレードしてなかったけど、10時を過ぎると大陰線で50PIPS近く値が飛んで、後から人民元の基準値が引き下げられたと知って、また今年もですか!って。昨年8月に3日連続で切り下げられた人民元が、まさか今年2016年になってまた引き下げられるなんて。

今日を含めると2日連続。値動きが落ち着いたところで、引き下げられた瞬間のチャートを豪ドル円できのうと今日のを比べてみました。昨日は陰線が何本も現れて下がっているのに、今日なんて1発ですよ。巨大陰線で急落。きのうより今日のほうがひどい。しかも、人民元のことで動いた値幅も今日のほうがある。

チャート上に大陰線が表れたとき、きのうは逃したけど、今日は売ればよかったなぁ。下がるだろうと思ったけど、頭に変な格言が浮かんできて、それに気持ちを抑えられました。同じことは二度起こらない。相場の動きはだいたい裏切る。

ハッとしました。売って今日こそリバウンドだったらどうしよう?そんな風に思ってしまうんですよね。決まった時間に大陰線が伸びてきて、人民元のことですよ!ってチャートが教えてくれているのに、無視。わかっていても出来ない自分を見ると、もしも日本政府が介入して米ドル円が上がったときも怖くて出来ないんじゃないかと思ってしまう。

せっかくのチャンスなのに。今日ときのうの人民元ショックで儲けて、もう数年分の生活費を稼いでしまった人っているのかなぁ?だとすれば、いいなぁ。海外業者に口座を開いてハイレバレッジ勝負して成功したらすごいことになっている。

10万円で、レバレッジ500倍で勝負して、きのうと今日で10PIPS取っていたら、10万円ぐらい。それが100万円だと100万。一瞬で花を咲かせることに憧れるけど、やっぱり現実は、地道にコツコツとです。土台をしっかり築いて、どんどん立派な花を咲かせられるようになりたい。右肩上がりのトレーダーになりたい。