バイナリーオプションの仕組みについて

By: N Stjerna

バイナリーオプションとは外貨通貨取引の一種で、広く人気を集めている投資方法です。難しく聞こえるかもしれませんが、実際には非常に手軽なので初心者でも安心して行うことができます。

FXのような取引では掛け金以上の損失が出ることがあります。バイナリーオプションではこのような損失が出ることはありません。つまり手持ち資金で投資している場合、借金ができることはありえないのです。従ってリスクが低くコントロールしやすい投資だと言えるでしょう。

バイナリーオプションのコンセプトは単純で、「未来の通貨相場が上がるか下がるかを当てる」というものです。掛け金に対して取引業者はペイアウト率という数値を設けています。予想が当たればその掛け金×ペイアウト率の配当を得ることができ、外れれば掛け金が損失になるという仕組みです。

例えばペイアウト率1.7倍で掛け金が1000円の場合、予想が当たれば1700円の配当を獲得することができるので、利益は700円と成ります。逆に予想が外れていれば掛け金の1000円がそのまま損失となってしまいます。このペイアウト率は高い業者では1.8倍以上を保証していますが、取引業者の利益を保証するために2.0倍を超すことはありえません。つまり勝敗が五分では投資家が利益を出すことはできないのです。

バイナリーオプションによる投資を行う際には、国内業者または海外業者を選ぶ必要があります。海外業者では国内の規制が適用されないため、10分程度で予想が当たったか外れたかの判定結果を出してくれます。

一方で国内業者の場合は2時間以上の判定時間を要します。しかしこの方がチャート分析がしやすいなど正確な予想をしやすくなるので、一概に判定時間が短い方が良いとは言えません。

この判断を勘や運だけに頼るのではなく、メタトレーダーのようなソフトをうまく活用することで通貨相場の動向を予測しやすくなります。安定した利益を出すためにはこのようなツールをうまく活用していく必要があるのです。