バイナリーオプションのデモツールを使う

By: Mercy For Animals MFA

バイナリーオプションはあるモノの価値を予想するだけの簡単な投資です。あまり深い投資の知識がなくても始めることができます。しかしお金を投資することに変わりないので、初心者の人は注意が必要です。

投資額のことを考えずに予想だけを続ければ損をすることになります。確実な利益を獲得したいのであれば、まずバイナリーオプションに慣れることから始めると良いです。丁度いいことにバイナリーオプションを運営する企業のホームページにはデモを行えるツールがあります。ツールは無料で公開されているので、すぐにダウンロードし利用することができます。

本番と同じ画面で取引が行えるので、違和感なく扱うことが可能です。デモツールなので投資額が発生することはありません。いくら失敗をしても損をすることなく、逆に予想を的中させたとしても利益を獲得することはできません。

ゲーム感覚でバイナリーオプションに参加できるので、気軽に慣れることができます。デモツールで確実に利益を獲得し続けることができれば、本番でも失敗することはないでしょう。安定して利益を出すことができれば、とてもおもしろく感じられます。

便利なツールですが、できないこともあります。それは新規のアカウント登録と銀行口座の作成です。どちらもデモツールでは行えないので注意が必要です。お金が発生することではないので、あまり心配することはありません。しかしわからないことが出た時はすぐに相談をするようにしましょう。でたらめに登録をしてしまうと後で変更ができなくなります。

一度登録した情報はアカウントを削除しないかぎり有効です。削除してしまうとこれまで稼いだ利益がすべて無くなってしまうので、登録時は注意するようにしましょう。いずれにせよ、バイナリーオプション 口座での取引を体験したいのであれば、デモツールを試すと良いです。デモツールでも本番さながらの本格的な投資をすることができ、架空ではありますが利益が獲得できます。

バイナリーオプションを攻略するためには

By: Andy Arthur

バイナリーオプションというのは、上がるか下がるかの二択を当てるだけですから簡単に攻略することができそうな感じもしますが、もちろんそのように簡単に行くものではありません。単純な二択だと考えれば勝率は50パーセント程度になりますが、それに対してペイアウトは1.8倍程度しかありませんから50パーセント程度の勝率ではどんどん負けていってしまうということになります。

そのため、単純に丁半博打のつもりで投資をすれば簡単に負けてしまうような部の悪いものとなっているので、適当にやって勝つことが出来ると考えている人はバイナリーオプションを避けた方が良いでしょう。しかし、相場分析をしっかりしてエントリーのタイミングをはかることができれば、バイナリーオプションで勝つということも決して不可能なものではありません。

為替相場というのは完全にランダムに動いているわけではなく、はっきりとした方向性が現れることがありますからそのような時にトレンドに乗ることができれば、勝率をかなり高めることができます。

常に相場の先を読み続けるのは一流の投資家であっても簡単なことではありませんが、誰でもある程度予測がつくという場面は相場をしていればいくらでもありますからそのようなときにだけポジションを取れば勝つことも決して無理というわけではないのです。

特にバイナリーオプションの場合には、決済のタイミングを考える必要がありませんから含み益が出ている時に利益を伸ばそうとして損失になってしまったということもなければ、損失が出ている状況で値が戻ってくるのを待って逆に損失が拡大するということもないのでポジションを取りやすいのが魅力です。

そのため、純粋に将来上がるか下がるかだけを予測すれば、ポジションを取った後に相場の動きに惑わされる必要が無いので、株やFXよりも投資をしやすいものとなっているのでそのような点では攻略がしやすいと言えるのです。

バイナリーオプションの仕組みについて

By: N Stjerna

バイナリーオプションとは外貨通貨取引の一種で、広く人気を集めている投資方法です。難しく聞こえるかもしれませんが、実際には非常に手軽なので初心者でも安心して行うことができます。

FXのような取引では掛け金以上の損失が出ることがあります。バイナリーオプションではこのような損失が出ることはありません。つまり手持ち資金で投資している場合、借金ができることはありえないのです。従ってリスクが低くコントロールしやすい投資だと言えるでしょう。

バイナリーオプションのコンセプトは単純で、「未来の通貨相場が上がるか下がるかを当てる」というものです。掛け金に対して取引業者はペイアウト率という数値を設けています。予想が当たればその掛け金×ペイアウト率の配当を得ることができ、外れれば掛け金が損失になるという仕組みです。

例えばペイアウト率1.7倍で掛け金が1000円の場合、予想が当たれば1700円の配当を獲得することができるので、利益は700円と成ります。逆に予想が外れていれば掛け金の1000円がそのまま損失となってしまいます。このペイアウト率は高い業者では1.8倍以上を保証していますが、取引業者の利益を保証するために2.0倍を超すことはありえません。つまり勝敗が五分では投資家が利益を出すことはできないのです。

バイナリーオプションによる投資を行う際には、国内業者または海外業者を選ぶ必要があります。海外業者では国内の規制が適用されないため、10分程度で予想が当たったか外れたかの判定結果を出してくれます。

一方で国内業者の場合は2時間以上の判定時間を要します。しかしこの方がチャート分析がしやすいなど正確な予想をしやすくなるので、一概に判定時間が短い方が良いとは言えません。

この判断を勘や運だけに頼るのではなく、メタトレーダーのようなソフトをうまく活用することで通貨相場の動向を予測しやすくなります。安定した利益を出すためにはこのようなツールをうまく活用していく必要があるのです。

FXに慣れてきた頃に発生するケアレスミスについて

By: A♥

FX取引は証拠金取引です。証拠金取引は、少ない元でで多額の金融資産を売買するシステムです。ドル円相場を前提とすると、1ドル100円が1日で1ドル50円になったりすることはありません。どんなに値動きが激しくても2円から3円の値幅でしか動きません。証拠金取引はその値動きの幅の狭さに着目したシステムで、1日の為替の変動が数%内に収まることを利用し、証拠金の何倍にも上る金融資産の取引を可能にしているのです。

現在、国内FXでは最大25倍のレバレッジが認められています。4万円を元手にして100万円分までの外貨が購入できるため、予想通りに値動きした場合には多額の収益がもたらされる一方、予想が外れた場合には大きな損失を被る危険があります。

FXに臨む際には、相場の予想についてばかり注目されがちで、トレードソフトの操作や心構えについてはあまり指摘されないものです。しかし、うっかりミスで損を発生させることもあるのがFXです。FX取引で損をしないためには、地道な注意が必要になるのです。

トレードを開始する際には、通貨ペアや通貨単位量に対する確認を怠ってはいけません。トレードソフトに表示されているテクニカル図の通貨ペアと、発注画面の通貨ペアが違っているという場合があります。さらにトレードソフトを起動し直すと、設定が初期化されて通貨単位量が自分の意図しているものと異なっているという場合もあります。

慣れてくると、通貨ペアや通貨単位量についてはつい見過ごしてしまいがちになってしまいます。しかし1クリックで大きな金額を動かすのがFX取引です。どのような場合でも、慎重に慎重を重ねて、発注ミスを犯さないように、通貨ペアと通貨量について注意する必要があるのです。

次にFXで犯しがちなミスに、ファンダメンタルズのスケジュールを忘れるということがあげられます。毎月、第一週の金曜日に発表されるアメリカ雇用統計の発表をはじめ、FOMCの発表や、主要国の金融政策決定会合の発表など、相場に大きな影響を与える発表については、あらかじめスケジュールが公開されてきます。

FXに慣れてくると、なんとなく取引をすることも多くなるため、これらファンダメンタルズのスケジュールを忘れてしまうのです。突発的なテロや災害の発生による相場の急変に巻き込まれてしまうのは仕方がないにしても、スケジュールが公開されている指標の発表に巻き込まれて損失を出すのは避けたいものです。

FX取引に臨む際には、各FX会社がHPやトレードツール上に公開しているイベントスケジュールを確認し、その日に大きな指標の発表がないかを常に確認してトレードに臨む必要があります。

人民元切り下げの下落に今日も乗れなかった これでは介入も無理かも

By: IvanWalsh.com

1月7日、きのうと今日と、中国のことで散々な目にあいました。トレードしてなかったけど、10時を過ぎると大陰線で50PIPS近く値が飛んで、後から人民元の基準値が引き下げられたと知って、また今年もですか!って。昨年8月に3日連続で切り下げられた人民元が、まさか今年2016年になってまた引き下げられるなんて。

今日を含めると2日連続。値動きが落ち着いたところで、引き下げられた瞬間のチャートを豪ドル円できのうと今日のを比べてみました。昨日は陰線が何本も現れて下がっているのに、今日なんて1発ですよ。巨大陰線で急落。きのうより今日のほうがひどい。しかも、人民元のことで動いた値幅も今日のほうがある。

チャート上に大陰線が表れたとき、きのうは逃したけど、今日は売ればよかったなぁ。下がるだろうと思ったけど、頭に変な格言が浮かんできて、それに気持ちを抑えられました。同じことは二度起こらない。相場の動きはだいたい裏切る。

ハッとしました。売って今日こそリバウンドだったらどうしよう?そんな風に思ってしまうんですよね。決まった時間に大陰線が伸びてきて、人民元のことですよ!ってチャートが教えてくれているのに、無視。わかっていても出来ない自分を見ると、もしも日本政府が介入して米ドル円が上がったときも怖くて出来ないんじゃないかと思ってしまう。

せっかくのチャンスなのに。今日ときのうの人民元ショックで儲けて、もう数年分の生活費を稼いでしまった人っているのかなぁ?だとすれば、いいなぁ。海外業者に口座を開いてハイレバレッジ勝負して成功したらすごいことになっている。

10万円で、レバレッジ500倍で勝負して、きのうと今日で10PIPS取っていたら、10万円ぐらい。それが100万円だと100万。一瞬で花を咲かせることに憧れるけど、やっぱり現実は、地道にコツコツとです。土台をしっかり築いて、どんどん立派な花を咲かせられるようになりたい。右肩上がりのトレーダーになりたい。

国内の個人、法人口座を使って最終的には海外FXの口座を利用しています

By: GotCredit

FXをこよなく愛するおじさんです。本日もよろしくお願いいたします。今回はFX会社のまやかしについて話したいと思います。では早速ですが簡単に説明したいと思います。まず、FXには国内FX個人口座と国内FX法人口座と海外FX個人口座があります。本当におすすめなのはどれかということを話していきます。

結果からお伝えしますが海外FXになります。他の口座はなぜおすすめできないのか話していきます。まず、国内FX個人口座ですがレバレッジが25倍のため、証拠金が最低でも4万円ちかく必要になります。また、最低の資金が4万円であって、4万円だけ準備してもまともに取引ができないのです。極論はすぐにロスカットになるということです。

次に国内FX法人口座ですが、実は私は法人口座と海外口座を併用しています。国内FX法人口座ではレバレッジ規制はありません。しかし、会社という枠がありますのでむやみやたらにお金を使うことはできません。

とにかく制限が多いということです。また、法人になりますので決算書作成や青色申告、その他、社会保険強制加入等、書類作業が相当増えることになります。さらに、法人は0円で維持していくことはできません。毎年、家賃の支払や電話代等、使いもしないコストがかかるものです。この辺を割り切れるなら法人口座の開設をおすすめします。私はGMOクリック証券の法人口座を開設しました。

開設には資本金100万円の会社を設立しないと口座の審査でひっかかります。また、2015年の10月より、法人口座のレバレッジが200倍から100倍に下げられました。私はこのタイミングで法人口座で取引することをやめたのです。昨今、法人でFXをやるメリットは薄れてきました。そんなこともあり、海外FXの個人口座を開設しました。

私は博打が好きでとにかくハイレバで取引がやってみたかったのです。私はXMという日本でも馴染みのある口座を開設しました。キャッシュバック、取引ボーナスと原資以上にお金のサービスが多いのです。日本の国内FX口座を開設しても5万通貨の取引と入金で等と細かい条件がつきますが海外FXの口座では面倒な条件はありません。印象としてはこんな簡単にボーナスをもらっていいのかという印象です。このように海外FXではボーナスが多く、ハイレバをやりたいという方にはおすすめだと思っています。